記事一覧( 30 件 )

好調の秘密は「エクセル」!

破竹のワークマン 秘密はエクセル  作業服、需要予測高度化で欠品4% 全社員に分析スキル 作業服チェーン最大手のワークマンは2019年3月期、8期連続で最高益を更新した。 アウトドアに特化した新型店が好調の原動力とされるが、理由はもう一つある。 徹底したデジタル化だ。 高度な人工知能(AI)よりむしろ昔ながらの「エクセル」を駆使。 上意下達ではなく、全社員がデ ...続きを見る

好調の秘密は「エクセル」!
[カテゴリ] 新聞・雑誌記事(経営・経済)   [更新日] 2019/7/19   [投稿者] 釘宮 崇

納税証明書の交付請求手続

補助金の申請や営業許可の更新等で納税証明書が必要な場合があります。納税証明書に関することは、弊所でも時々質問を受けますので、コラムに記載しておきます。 納税証明書は、「その1」から「その4」まであります。 その1・・納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明 その2・・所得金額の証明(個人は申告所得税または申告所得税     及復興特別所得税に係る所得 ...続きを見る

納税証明書の交付請求手続
[カテゴリ] 法人税   [更新日] 2019/7/19   [投稿者] 田中伸治

信長の原理

垣根涼介氏による『信長の原理』を読んだ感想です。 垣根涼介氏は、『ワイルドソウル』『君たちに明日はない』など時間を忘れさせてもらえる(現実逃避できる)作家で、楡周平氏などと並んで好きな作家です。今回の『信長の原理』は、マネジメント論の2対6対2の法則(パレートの法則)を最初から最後まで貫いていて話を進めていくという点で画期的でした。明智光秀の軍隊に比べて劣っ ...続きを見る

信長の原理
[カテゴリ] コンサルティング   [更新日] 2019/7/10   [投稿者] 田中伸治

社長100人アンケート 世界景気は悪化する・・?

世界景気に対する警戒感が企業経営者の間で広がってきた。 「社長100人アンケート」で半年後の見通しを聞いたところ、「悪化」との回答が30.6%で「拡大」(29.2%)を上回った。 背景には米中貿易摩擦や中国景気の悪化がある。 新興国経済の成長や米国の景気回復に支えられた世界景気が、曲がり角を迎えているとの認識が経営者の間で広がっていることが浮き彫りになった。 2 ...続きを見る

社長100人アンケート 世界景気は悪化する・・?
[カテゴリ] 新聞・雑誌記事(経営・経済)   [更新日] 2019/7/8   [投稿者] 釘宮 崇

路線価の公表

7月1日に国税庁が、令和になって最初の路線価および評価倍率を定めて公表しました。 日本経済新聞によれば、路線価は4年連続上昇し、その原因は、訪日客の増加や再開発などによるとのことです。 大阪では、大阪駅周辺の再開発もさることながら、訪日客の増加が路線価を押し上げ続けているのは、近年のわかりやすい傾向です。 大阪市北区角田町御堂筋においては、1㎡あたり1 ...続きを見る

路線価の公表
[カテゴリ] 相続税   [更新日] 2019/7/8   [投稿者] 田中伸治

G20大阪サミット 大阪市内の交通量半減

29日閉幕した20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)開催に伴う阪神高速道路などの大規模な交通規制が30日午後、解除された。 大阪府警は同日、27~30日の大阪市内の交通量が通常と比べ51%減ったとの推計を発表。 半減の目標を達成した。 2019/7/1 日本経済新聞 G20が6/29に閉幕。 大阪市内もいつもの街中に戻りました。 G20期間中は、大阪市内の道路では交通規 ...続きを見る

G20大阪サミット 大阪市内の交通量半減
[カテゴリ] 新聞・雑誌記事(経営・経済)   [更新日] 2019/7/2   [投稿者] 釘宮 崇

納税地の変更の異動届出書

会社の本社が移転した場合には、異動等後速やかに異動届出書を税務署に提出する必要があります。この異動届出書は、納税地等の異動、商号又は名称の変更等、登記事項を変更した場合には、添付書類として登記簿を添付する必要がありましたが、添付する必要がなくなりました。   なお、納税地の変更の異動届出書の提出先は、移動先の納税地の所轄税務署長への届出が不要とされていま ...続きを見る

納税地の変更の異動届出書
[カテゴリ] 法人税   [更新日] 2019/6/28   [投稿者] 田中伸治

株券の発行がない場合の株式の譲渡の内外判定

株券の発行がある場合で証券会社で保護預かりとなっている場合は、その証券会社の所在地で消費税の内外判定をすることになります。したがって、外国株式は国外の保管機関で保護預かりになりますので国外取引なります。 では、株券の発行ない場合はどうなるのでしょうか? この場合には、「資産の譲渡または貸付に係る事務所等の所在地」により内外判定を行います。したがって、株式の ...続きを見る

株券の発行がない場合の株式の譲渡の内外判定
[カテゴリ] 消費税その他   [更新日] 2019/6/23   [投稿者] 田中伸治

借地権に対する小規模宅地の適用

土地については、小規模宅地の特例が適用されます。小規模宅地の対象となった場合には、小規模宅地の価額の2割あるいは5割となりますので相続財産の計算に大きな影響を与える規定になっています。 借地権にこの小規模宅地の特例が適用可能か・・ですが、小規模宅地の特例の規定は、租税特別措置法第69条の4に規定されています。 第69条の4を簡単に記載すると以下になります。 (か ...続きを見る

借地権に対する小規模宅地の適用
[カテゴリ] 相続税   [更新日] 2019/6/14   [投稿者] 田中伸治

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。 長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。 公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。 2019/6/3 日本経済新聞 老 ...続きを見る

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書
[カテゴリ] 新聞・雑誌記事(経営・経済)   [更新日] 2019/6/13   [投稿者] 釘宮 崇
コラムカテゴリー
法人税(8)
所得税(1)
相続税(2)
会計(1)
コラム投稿者
全て(30)
田中伸治(19)
釘宮 崇(11)