セカンドオピニオン


セカンドオピニオン 【second opinion】


よりよい決定をするために、もう一人の人から聴取する意見。

医療の分野では、一人の医師の意見だけで決めてしまわずに、別の医師の意見も聞いて患者が治療法などを決めることを指す。

デジタル大辞泉(小学館)



医療の分野では一般的になってきているセカンドオピニオンですが、税務や経営の分野でも、取り入れる方が増えつつあります。

よりよい税務判断、経営判断をするために、セカンドオピニオンを取り入れませんか?

複数の意見を踏まえることで、より客観的な判断が可能になることがあります。

セカンドオピニオンのすすめ


こんな悩みをお持ちの方には、ぜひセカンドオピニオンを取り入れて頂きたいと思います。

顧問税理士とは従来どおりおつきあいを継続できますので、変な「しがらみ」を考える必要もありません。

また、将来的に顧問税理士の変更を考えている、という方の、”お試しプラン”としての活用も可能です。

「一気に変えてしまうのは、勇気がいる・・・。」という方は、当事務所との相性など、セカンドオピニオンコースできっちり見極めてください。


※ セカンドオピニオンコースは、顧問税理士様との契約は、そのまま継続して下さい。

  毎月2時間までの(移動時間除く)ご相談・アドバイスとさせて頂きます。

  2時間を超えてかかる作業、調査につきましては、別途費用が発生致しますのでご了承ください。

セカンドオピニオンの事例

税務相談・情報提供

「顧問税理士以外の意見も聞いてみたい。」という経営者の方へ、情報提供を行います。

我々の持つノウハウや税務資料の検索により、第三者の視点から、税務的判断を行うお手伝いを致します。

経営アドバイス(経営助言)

「顧問税理士以外の意見も聞いてみたい。」という経営者の方へ、情報提供を行います。

我々の持つノウハウや税務資料の検索により、第三者の視点から、税務的判断を行うお手伝いを致します。

顧問報酬

報酬は、会社の規模、会社の状況、業務の内容を踏まえて、決定させていただきます。

事前打ち合わせには、充分な時間を取り、お見積もりをさせていただきます。

業務内容、私たちとの相性、お支払いいただく報酬をじっくりご検討いただき、ご契約のご判断をお願い申し上げます。