贈与税の税率表

贈与税の税率表

[カテゴリ] 相続税・贈与税
[更新日] 2021/6/29
[投稿者] 田中伸治
 令和3年度税制改正大綱にあるように贈与税が将来改正される可能性が高くなってきました。

わが国の贈与税は、相続税の累進回避を防止する観点から、高い税率が設定されており、生前贈与に対し抑制的に働いている面がある。一方で、現在の税率構造では、富裕層による財産の分割贈与を通じた負担回避を防止するには限界がある。諸外国では、一定期間の贈与や相続を累積して課税すること等により、資産の移転のタイミング等にかかわらず、税負担が一定となり、同時に意図的な税負担の回避も防止されるような工夫が講じられている。今後、こうした諸外国の制度を参考にしつつ、相続税と贈与税をより一体的に捉えて課税する観点から、現行の相続時精算課税制度と暦年課税制度のあり方を見直すなど、格差の固定化の防止等に留意しつつ、資産移転の時期の選択に中立的な税制の構築に向けて、本格的な検討を進める。

 コロナウィルスの影響を考えると即座に増税へと向かう改正は考えにくいとは思いますが、改正までにできるだけ資産移転を行なうことが必要と考えられます。以下は、贈与税の速算表ですのでご活用ください。

 【贈与税速算表(直系尊属から成人へ)】
 課税価格は、贈与金額から110万円を控除した後の金額になります。
課税価格 税 率 控 除 額
200万円以下 10% 
400万円以下 15%  10万円 
600万円以下 20%  30万円 
1,000万円以下 30%  90万円 
1,500万円以下 40%  190万円 
3,000万円以下  45%  265万円 
4,500万円以下 50%  415万円 
4,500万円超 55%  640万円 













 【贈与税速算表(その他)】
 課税価格は、贈与金額から110万円を控除した後の金額になります。
課税価格 税 率 控 除 額
200万円以下 10% 
300万円以下  15%  10万円 
400万円以下 20%  25万円 
600万円以下 30%  65万円 
1,000万円以下 40%  125万円 
1,500万円以下 45%  175万円 
3,000万円以下  50%  250万円 
3,000万円超 55%  400万円 












 
コラムと同様な手法が可能かどうかは、お客様の状況、その時点での法令等によって異なる場合があります。 弊所との契約をに基づいて実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、弊所では一切責任を負いかねますのでご了承ください。

 
コラムカテゴリー
法人税(23)
所得税(10)
会計(1)
コラム投稿者
全て(83)
田中伸治(66)
釘宮 崇(17)