一括償却資産の除却

一括償却資産の除却

[カテゴリ] 法人税
[更新日] 2020/4/4
[投稿者] 田中伸治
 取得価額が20万円未満の減価償却資産については、通常の減価償却の方法によらずに、事業年度ごとに一括して3年間で償却できる方法を選択できます。
この方法を選択した減価償却資産を一括償却資産といいます。

 この一括償却資産を除却した場合には、注意が必要です。簿価がある場合に通常の減価償却資産のように現物がなくなったため全ての簿価を除却損にしたいところですが、それは税務上誤った処理方法です。
 一括償却資産の全部または一部につき滅失、除却等が行なわれたときにも、上記の方法に従い計算される損金算入限度額に達するまでの金額になります。これにつきましては、一括償却資産の全部または一部を譲渡した場合についても同様です。
 
※コラムと同様な手法が可能かどうかは、お客様の状況、その時点での法令等によって異なる場合があります。 弊所との契約をに基づいて実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、弊所では一切責任を負いかねますのでご了承ください。
コラムカテゴリー
法人税(23)
所得税(10)
会計(1)
コラム投稿者
全て(83)
田中伸治(66)
釘宮 崇(17)