儲からない会社は、なぜ儲からないか?

儲からない会社は、なぜ儲からないか?

[カテゴリ] コンサルティング
[更新日] 2019/5/30
[投稿者] 釘宮 崇

京都に、精密小型モーターの開発、製造を手掛ける日本電産という会社があります。

日本電産の永守重信社長は、日本を代表する経営者として広く知られており、
「M&Aを活用し企業規模を拡大する」という経営手法で、大変有名です。

その永守社長の言葉。

私が今まで譲っていただいた会社は、技術はとても高く、いい製品を作っているのです。
ところが儲かっていない。

なぜ儲かっていないかというと、
その理由はコスト、従業員、あるいは経営者など、いろいろな問題があるのです。

一つではありません。
四つも五つも原因が重なっています。

それを取り除けば、必ず儲かるのです。

日本電産社長兼CEO 永守重信

※ 日本経済新聞出版社 「カンブリア宮殿4」 村上龍著


結果には、その結果を導く原因があって、
儲からないという結果には、儲からない原因がある、ということ。

しかも、その原因は、
永守さんがおっしゃるように、
一つではなく、四つも五つも重なっている、ということが多くの会社で見受けられます。


一つの原因を取り除けば解決するのならば、まだ何とかなりそうですが、
多くの場合、四つ、五つの原因が糸のように複雑に絡み合っていますので、
より解決を難しくしています。


このような場合には、
その絡まった糸を、時間を掛けて、1本ずつ解いていかなければなりません。

経営がうまくいっていないと、
何か画期的な打開策を求めがちですが、
そのような時こそ焦らずに、じっくり自分や会社と向き合うことが必要ではないかと思います。



現状分析、問題点・課題発見にお悩みの方は、コンサルティングのページ へ


 

※ コラムと同様な手法が可能かどうかは、お客様の状況、景気動向、経済状況、その時点での法令などによって異なる場合があります。

  弊所との契約に基づいて実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、弊所では一切責任を負いかねますのでご了承ください。
コラムカテゴリー
法人税(21)
所得税(10)
会計(1)
コラム投稿者
全て(90)
田中伸治(62)
釘宮 崇(28)