得意先様に対する売掛残高が合わないので何とかしたい
得意先様に対する売掛残高が合わないので何とかしたい
2019/5/1
ジャンル 法人の会計
事業者規模 資本金:100万円超~500万円
従業員数:10~29人
ご相談内容
得意先様の請求金額に差異があるが、繰越金額を記載した請求書ではないため、得意先様が債務として
全額を認識しているか不明である。
なんとからならないか。
問題・課題の整理
得意先様との認識額が一致していないのは分かっているが、その金額を把握していません。
まずは、得意先様の経理担当者に連絡して、差異内容を確認することをお勧めしましたが、「いまさら聞けない」との回答でした。

得意先様の債務の認識額を確認する別の方法が必要となりました。
改善方法のご提示
弊所で提供したのは残高確認書を利用して、得意先様の債務金額を把握するという方法です。

残高確認書は、監査手続の一つで、大手の会社と取引ある会社はなじみのある方法です。一般的な方法ですので、得意先様も不審に思いませんし、逆に管理がしっかりしている会社と誤解?していただけるかもしれません。
振り返り
残高確認書により債務金額(こちらの債権金額)を把握することができ、残高を整理することができました。

差異については内容が分かるところは整理しましたが、最終的には損金処理しました。税務署の税務調査も
問題なく終わっています。繰越型の請求書の移行も可能になりました。
※ご相談事例と同様な手法が可能かどうかは、お客様の状況、その時点での法令等によって異なります。 弊所との契約をに基づいて実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、弊所では一切責任を負いかねますのでご了承ください。